• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

出処進退の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

官職や地位にとどまっていることと、辞めて退くこと。身のふり方や身の処し方。また、世に出て仕えることと、退いて民間にあること。仕官と在野。▽「出」は世に出て仕える意。「処」は官につかずに家にいる意。「進退出処しんたいしゅっしょ」ともいう。
句例
出処進退をわきまえる
用例
征夷せいい大将軍の職につくべきものは、出処進退とも常に公明正大を期すべきである。<子母沢寛・勝海舟>
類語
用行舎蔵ようこうしゃぞう

出処進退の解説 - 学研 四字熟語辞典

今の役職や地位にとどまるか辞職するか、態度をはっきりすること。官に仕え役人になることと、役人をやめて民間に退くことという意味。
注記
「出」は、役人の地位につくこと。「処」は、官に仕えず、家にいること。「進退」は、職務上の身の処し方のことで、「進退伺い」などの進退。「進退出処しんたいしゅっしょ」ともいう。
表記
「出処」を「出所」と書きちがえない。
出典
王安石おうあんせき「欧陽文忠公おうようぶんちゅうこうを祭るの文」
類語
用行舎蔵ようこうしゃぞう

出処進退の解説 - 小学館 大辞泉

出て官途にあることと、しりぞいて民間にあること。役職にとどまることと役職を辞すること。身の振り方。「出処進退を明らかにする」

キーワード[出処進退]の四字熟語

やりがちな表現を変えたい!言い換え、類語がアプリでわかる idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。