• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

師資相承の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

師の教えや技芸を受け継いでいくこと。また、師から弟子へ学問や技芸などを引き継いでいくこと。▽「師資」は師匠・先生。また、師匠と弟子。「師資しし相承あいうく」と訓読する。
句例
師資相承の奥義

師資相承の解説 - 学研 四字熟語辞典

仏教のことばで、師匠の技術や教えを、弟子が代々引き継いでいくこと。また、芸能の奥義を、師が口頭で弟子に伝えていくこと。
注記
「師資」は、師匠と弟子のこと。「相承」は、相手へと受け継ぐことで、「そうじょう」とも読む。「師資しし、相承あいうく」と読み下す。
類語
血脈相承けちみゃくそうしょう

師資相承の解説 - 小学館 大辞泉

《「ししそうじょう」とも》師から弟子へと法・道を伝えていくこと。

キーワード[君臣・師弟・上司と部下]の四字熟語

キーワード[伝授]の四字熟語

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。