ばい‐きゅう〔‐キウ〕【倍旧】例文一覧 1件

  1. ・・・けれども、文学の大衆化が、従来の作家たちの新しい努力の成果への希望とともに、文学の生産者としての大衆に対する倍旧の期待なしに云われるとすれば、結局は健全性を失って、やはり文壇的な一つの風潮として個々の作家にそれぞれの角度で反映するに止ってし・・・<宮本百合子「文学の大衆化論について」青空文庫>