[名・形動]

  1. 執心が残って思い切れないこと。あきらめきれないこと。また、そのさま。「未練が残る」「過去に未練はない」「未練な気持ちを引きずる」

  1. 熟練していないこと。また、そのさま。未熟。

    1. 「船軍は―なるべし」〈盛衰記・四三〉

[派生]みれんげ[形動]

出典:青空文庫

出典:gooニュース