はさみ【挟み/挿み】 の意味

  1. 物をはさむこと。また、はさむもの。「紙―」「洗濯―」
  • 名詞

はさみ【挟み/挿み】の慣用句

  1. はさみいた【挟み板】
    • 物を挟む板。
    • 門の袖に取り付けた板。
  1. はさみうち【挟み撃ち】
    • [名](スル)両側から挟むようにして攻撃すること。挟撃(きょうげき)。「敵を谷で挟み撃ちする」
  1. はさみおび【挟み帯】
  1. はさみかせ【挟み械】
    • 掘っ立て柱が傾いたり沈んだりするのを防ぐため、根もとに渡す横材。根械(ねかせ)
  1. はさみがみ【挟み紙】
    • 書物などの必要な箇所に、注意のために挟む紙片。しおり。
    • 重ねた品物を保護する目的で間に挟み込む紙。
  1. はさみゲージ【挟みゲージ】
    • 限界ゲージの一。棒材を挟むように当てて外径を測定する工具。スナップゲージ。
  1. はさみことば【挟み詞/挿み語】
    • 文章の間に挟み込む言葉。挿入句。
    • 江戸時代、多く遊里で行われた隠語の一種。言葉の各音節の間に、他の音節を挟んでいうもの。ふつう前の音と同じ段のカ行の音節を挟む。「あきれたひと」を「あカきキれケたカひキとコ」というなど。のちに、子供の言葉遊びとなり、現代ではバ行音を挟むものなどがある。唐言(からこと)
  1. はさみじょう【挟み状】
    • 直訴(じきそ)するとき、竹の先や木の枝などに挟んで、高くささげて差し出す書状。
  1. はさみしょうぎ【挟み将棋】
    • 将棋の駒を用いる遊びの一。双方、将棋盤面の最下段に九つの駒を並べ、これを交互に縦または横に動かし、敵の駒を前後左右から挟んで取る。早く敵の駒を取り尽くしたほうを勝ちとする。
  1. はさみだけ【挟み竹】
    • 一端を割って物を挟むようにした竹。
    • 衣類を2枚の板で上下から覆い、それをさらに竹で挟んで従者に担い持たせたもの。のちの挟み箱
  1. はさみばこ【挟み箱】
    • 武家が公用で外出する際、供の者にかつがせる物品箱。長方形の箱の両側に環がついていて、それにかつぎ棒を通したもの。
  1. はさみばし【挟み箸】
  1. はさみむすび【挟み結び】
    • 女帯の結び方の一。締めた帯の端を結ばずに折り込んでおくもの。挟み帯。差し込み帯。突っ込み帯。
  1. はさみもの【挟み物】
  • はさみ【挟み/挿み】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ 神山は金口を耳に挟みながら、急に夏羽織の腰を擡げて、そうそう店の方へ退こうとした。

      芥川竜之介「お律と子等と」

    • ・・・その世間話の中へ挟みながら、「是非一度これは先生に聞いて頂きたいと思って居りましたが。

      芥川竜之介「妖婆」

    • ・・・口へ挟みました旅行革鞄の持主であります。

      泉鏡花「革鞄の怪」