出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]

  1. うっかりしていて心の行き届かないこと。また、そのさま。「そんな大事なことを見落とすとは迂闊だった」「迂闊にも口を滑らす」

  1. 回り遠くて実情にそぐわないこと。実際の役に立たないこと。また、そのさま。

    1. 「彼の級友に…坐禅をするものがあった。当時彼は其―を笑っていた」〈漱石

[派生]うかつさ[名]

出典:青空文庫