出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]感覚や感度の鋭いこと。また、そのさま。「敏感に反応する」「刺激に敏感な肌」⇔鈍感
[派生]びんかんさ[名]
[補説]「両国首脳が島の主権に関する敏感な問題を話し合う」のように、国家間の交渉の対象となる微妙な事柄について「慎重に扱うべきデリケートな」の意で用いることがある。一説には、90年代の初め、日中交渉で中国側がこの意味で使った「敏感」を日本の新聞がそのまま取り入れたものという。

出典:青空文庫

出典:gooニュース