出典:デジタル大辞泉(小学館)

[1849~1913]ドイツの医学者。明治9年(1876)東京医学校(のちの東京大学医学部)教師に迎えられて来日。日本の伝染病・寄生虫病を研究し、公衆衛生の向上や伝染病の予防に貢献した。明治38年(1905)帰国。著「ベルツ日記」。