伊藤博文の解説 - 小学館 大辞泉

[1841~1909]政治家。山口の生まれ。吉田松陰に学び、倒幕運動に参加。のち明治憲法立案に当たる。明治18年(1885)内閣制度を創設、初代総理大臣となった。枢密院貴族院の初代議長を歴任。のち、立憲政友会を組織し、総裁に就任。日露戦争後、初代韓国統監となったが、ハルビンで韓国の独立運動家安重根に暗殺された。

伊藤博文の解説 - SOCKETS人物データベース

日本の初代内閣総理大臣。アジア最初の立憲体制の生みの親。
出生地
山口県光市
生年月日
1841年10月16日 てんびん座
没年月日
1909年10月26日(享年68歳)
血液型
A型
別表記
いとうひろふみ

[日本史/明治時代以降の人物]カテゴリの言葉

出典:gooニュース