• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

伊藤仁斎の解説 - 小学館 大辞泉

[1627~1705]江戸前期の儒学者。京都の人。名は維楨 (これえだ) 。古義学派の祖。初め朱子学を学ぶ。京都堀川に開いた古義堂は、門弟三千余人を有したといわれる。著「論語古義」「孟子古義」「童子問」など。古学先生。

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉