勝海舟の解説 - 小学館 デジタル大辞泉

[1823〜1899]幕末・明治時代の政治家。江戸の人。名は義邦、のち安芳 (やすよし) 。通称、麟太郎。安房守 (あわのかみ) 。蘭学兵学を学び、万延元年(1860)幕府使節とともに、咸臨丸 (かんりんまる) 指揮して渡米。幕府海軍育成に尽力。幕府側代表として西郷隆盛会見し、江戸無血開城を実現明治維新後、海軍卿・枢密顧問官などを歴任。著「吹塵録」「海軍歴史」、自伝「氷川清話」など。

[日本史]の言葉

[明治時代以降の人物]の言葉

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。