1. 山の登り口。山への入り口。

  1. 鷹狩 (たかが) りで、まず狩り場に入ること。また、その所。

    1. 「―入らせ給ひしほどに、しらせうといひし御鷹の、鳥を取りながら」〈大鏡・道長下〉

  1. 《猟師が山の入り口で、獲物の有無を直感するというところから》物事のきざし。兆候。

    1. 「いちじるき―ならばここながら神のけしきを見せよとぞ思ふ」〈かげろふ・上〉

中国地方西部の県。もとの長門 (ながと) 周防 (すおう) の2国にあたる。人口145.1万(2010)。
山口県中央部の市。県庁所在地。中世、大内氏が京都を模した町を建設し発展。幕末にから毛利氏の藩庁が移された。常栄寺庭園・瑠璃光寺などの史跡や湯田温泉がある。平成17年(2005)に徳地町・秋穂 (あいお) 町・小郡 (おごおり) 町・阿知須 (あじす) 町と合併。平成22年(2010)に阿東町を編入。人口19.7万(2010)。

出典:gooニュース

出典:青空文庫