• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

山口素堂の解説 - 小学館 大辞泉

[1642~1716]江戸前・中期の俳人。甲斐の人。名は信章。別号、其日庵・素仙堂など。江戸や京都で漢学・和歌・書道・俳諧・茶道・能楽などを学ぶ。のち、江戸で芭蕉と親交を結び、蕉風の成立に貢献した。葛飾風の祖。著「とくとくの句合」など。

山口素堂の解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
山梨県北杜市
生年月日
1642年6月1日 ふたご座
没年月日
1716年9月30日(享年74歳)
別表記
重五郎 信章 勘(官)兵衛 市右衛門