• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

べん‐ばく【弁×駁/××駁】例文一覧 3件

  1. ・・・とお光は真剣になって弁駁する。「ええ、それはそうですね。私なぞも新聞を見るたび、どうしてこんなことがと不思議に思うようなことがよくありますからね。それは広い世間ですから、いろいろなこともございますよね」と媼さんはいい加減にあしらって、例・・・<小栗風葉「深川女房」青空文庫>
  2. ・・・その時わたくしは弁駁の辞をつくったが、それは江戸文学に関して少しく見解を異にしているように思ったからで、わたくしは自作の小説については全く言う事を避けた。自作について云々するのはどうも自家弁護の辞を弄するような気がして書きにくかった故である・・・<永井荷風「正宗谷崎両氏の批評に答う」青空文庫>
  3. ・・・ 良人は弁駁します。「総ての意見、すべての習慣が男にそうしろと云う? 違う、違う。貴女は男をあまり勝手のきく者に見ている。若し彼を反対の方に引とめる義務を持っているとすれば、その男は当然そうしもしないし、そうしろと云われもしやしない・・・<宮本百合子「「母の膝の上に」(紹介並短評)」青空文庫>