出典:デジタル大辞泉(小学館)

古代の弓の名。「真鹿児矢 (まかごや) 」を射るのに用いたという。

「天の―、天のはは矢を天の若日子に賜ひて」〈・上〉