出典:デジタル大辞泉(小学館)

憎しみや恐れのために正視できず横目で見る。

「二人は逸早く―・めて紳士の風采を視たり」〈紅葉金色夜叉