出典:デジタル大辞泉(小学館)

腕足綱の触手動物の総称。海産で、二枚貝のような貝殻をもつが、殻は体の背腹に位置する。殻外へ肉質の柄を伸ばして他の物に付着する。シャミセンガイホオズキガイなど。古生代カンブリア紀に出現し、「生きている化石」といわれる。