出典:デジタル大辞泉(小学館)

金融機関の経営の安定度を測る指標の一つ。分子に金融機関のコア資本額を置き、分母に金融機関が保有するリスク資産の種類(社債・融資など)に応じて一定の掛け目を適用したリスク資産総額を置いて算出。比率が高いほど、リスク資産に対して十分な安定的資本を確保していることを示す。