出典:デジタル大辞泉(小学館)

Qal'at Bahla'》オマーン北部の町バハラにある城塞。ペルシア人や遊牧民のベドウィンからオアシス都市を防備するため、13世紀から14世紀頃にかけて建造された。総延長約12キロメートルの城壁に囲まれる。城壁内には住居、スーク(野外市場)、ナツメヤシの農地などがある。1987年に世界遺産(文化遺産)に登録。日干し煉瓦 (れんが) の壁が修復されずに放置されていたため、1988年に危機遺産に登録されたが、1990年代に修復作業が始まり、2004年に解除された。バフラ城塞。

[世界史/南アジア・西アジア・アフリカ史]カテゴリの言葉