出典:デジタル大辞泉(小学館)

眼軸長(眼球の前後方向の長さ)が異常に延長し、眼に入る光の屈折を調整する能力が低下するため、対象に近づいても鮮明に見えない状態。眼鏡を装用しても良好な視力が得られない重度の近視黄斑部出血や網膜剝離を起こしやすくなる。