出典:デジタル大辞泉(小学館)

中枢神経系の興奮・抑制や幻覚を引き起こす作用があり、人体に使用すると保健衛生上の危害が生じるおそれがあるとして、厚生労働大臣が指定する薬物。薬事法で製造・輸入・販売・所持・購入・医療目的以外の使用などが禁止されている。