出典:デジタル大辞泉(小学館)

集合における元 (げん) の範囲を線で囲み、集合相互間の関係を図で示したもの。L=オイラーが論理学の説明に採用して広め、ベン図へと発展。