出典:デジタル大辞泉(小学館)

Parc national de Masoala》マダガスカル北東部にある国立公園。マスアラ半島全域と周辺の三つの海洋公園で構成され、同国最大の国立公園として知られる。国内有数の多雨地帯であり、広大な雨林が広がる。アカエリマキキツネザル、テンレック、マダガスカルメンフクロウなどの希少種が生息。2007年に同国東部のマロジェジ国立公園など六つの国立公園とともに、「アツィナナナの雨林」の名称で世界遺産(自然遺産)に登録された。マソアラ国立公園。

[地理/外国地名/中央・西アジア・アフリカ]カテゴリの言葉