出典:デジタル大辞泉(小学館)

ヘッベルによる戯曲。3幕の悲劇。1844年刊行、1846年初演。男に捨てられ、父親の名誉心を慮 (おもんぱか) って自殺する娘の姿を描く市民悲劇。イプセンの社会劇の先駆とも評される作品。邦題は「マリア=マグダレーネ」「マグダラのマリア」ともする。

[演劇・映画/演劇・映画の作品]カテゴリの言葉