出典:デジタル大辞泉(小学館)

(ラテン)Flora Japonica

江戸時代中期に来日したスウェーデン出身の医師・植物学者、ツンベルクの著作。帰国後の1784年に出版。オランダ商館の医師として日本に滞在した1年強の期間に、長崎・箱根などで採取した日本の植物に関する論文で、812種類の植物が紹介されている。
江戸時代後期に来日したドイツ人医師・博物学者、シーボルトと、ドイツの植物学者ツッカリーニの共著による日本の植物の体系的研究書。2部からなる。シーボルトが日本から持ち帰った標本や資料をもとにツッカリーニが分類を行い、1835年からシーボルト没後の1870年までかけて、分冊で刊行された。