出典:デジタル大辞泉(小学館)

平安時代、宮中の女官や僧侶などの呼び名に国の名を付けたもの。女官は父や兄・夫の任国にちなんで、また僧侶はその生国にちなんでつけられた。和泉式部 (いずみしきぶ) ・讃岐典侍 (さぬきのすけ) の類。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉