出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 八相の一。釈迦 (しゃか) が悟りを開こうとしたとき、妨害した欲界第六天を降伏 (ごうぶく) させたときの姿。がまの相。

  1. 不動明王などが悪魔を降伏させるときの怒りの形相。がまの相。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉