釈迦の解説 - 小学館 大辞泉

(梵)Śākyaの音写》

  1. 古代インド、現在のネパール地方に住んでいた種族。釈迦の出た種族。シャーキャ族。釈迦族。

  1. 能面の一。仏を表す金泥塗りの大きな面。喜多流の「大会 (だいえ) 」で、大癋見 (おおべしみ) の上に重ねて用いる。

出典:青空文庫