出典:デジタル大辞泉(小学館)

《范仲淹 (はんちゅうえん) 「岳陽楼記」の「天下の楽しみに後 (おく) れて楽しむ」から》世間の人々の楽しみを先にし、自分はあとで楽しむこと。「先憂後楽」