(こころ)に掛(か)・ける の意味

  1. 心にとどめる。念頭におく。「いつも―・けていただき感謝しています」
  1. 目をかける。懸想 (けそう) する。
    • 「天武の―・けさせ給へば、清み原にめされて」〈胆大小心録
  1. 心にまかせる。思いのままにする。
    • 「はばかり給ふ事なくて、…ただ御―・けてもてなし給ふべくぞ」〈・若菜上〉