出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 当世具足の袖の一。籠手の、肩からひじにかけて取り付けた袖。毘沙門 (びしゃもん) 籠手。

  1. 武具の籠手の袋のように、袖口を細く先すぼみに仕立てた袖。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉