出典:デジタル大辞泉(小学館)

昔、宮中の神楽で、人長 (にんじょう) の問いに対して、才 (ざえ) の男 (おのこ) が自分の得意とする才芸を名乗り出て、こっけいな問答をする余興。