出典:デジタル大辞泉(小学館)

《副詞「さ」+接続助詞「ながら」から》

[副]
  1. 非常によく似ているさま。まるで。そっくり。「宛ら滝のような雨」「地獄絵宛らのすさまじさ」

  1. そのまま。もとのまま。

    1. 「池などは―あれど」〈・一六三〉

  1. すべて。全部。

    1. 「あやしの民屋―やぶれくづる」〈平家・一二〉

[接]そうは言うものの。かと言ってやはり。
    1. 「食逃げ大尽にあふ事多し。―それとて乞ひがたく」〈浮・胸算用・二〉

出典:青空文庫