出典:デジタル大辞泉(小学館)

[副]

  1. (多く「に」を伴って用いられる)はっきりとしたさま。

    1. 「足柄のみ坂に立して袖ふらば家 (いは) なる妹は―に見もかも」〈・四四二三〉

  1. 清らかにすがすがしいさま。

    1. 「菅畳いや―敷きて」〈・中・歌謡〉

  1. 音色が澄んで響くさま。さやさや。

    1. 「鈴は―振る藤太巫女 (みこ) 」〈梁塵秘抄

  1. 音が静けさを乱して響くさま。ざわざわ。

    1. 「あしひきのみ山も―に落ち激 (たぎ) つ」〈・九二〇〉