出典:デジタル大辞泉(小学館)

連声 (れんじょう) で「さんね」とも》仏語。

  1. 仏が成道 (じょうどう) 後に、衆生済度 (しゅじょうさいど) のために行う3回にわたる説法。

  1. 弥勒菩薩 (みろくぼさつ) 釈迦 (しゃか) 入滅の56億7000万年後に兜率天 (とそつてん) から人間界に下って、竜華樹 (りゅうげじゅ) の下で悟りを開き、衆生のために三度にわたって説くという説法の会座。竜華会。竜華三会。

  1. 南京 (なんきょう) (奈良)で行われた三大法会。興福寺維摩会 (ゆいまえ) 薬師寺最勝会、宮中大極殿御斎会 (ごさいえ) 。また、興福寺の維摩会と法華会に、薬師寺の最勝会を加えていう。三大会。

  1. 北京 (ほっきょう) (京都)の三大法会。天台宗の法会で、円宗寺の法華会最勝会、法勝寺の大乗会。三大会。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉