しった【悉達/悉多】 とは

  1. (梵)siddhãrthaの音写「悉達多」の略。目的を達したという意》釈迦 (しゃか) の出家以前の名。誕生したとき、一切の吉祥瑞相をそなえていたことからこの名がつけられた。
  • しった【悉達/悉多】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・「支那の哲人たちの後に来たのは、印度の王子悉達多です。

      芥川竜之介「神神の微笑」

    • ・・・   仏陀 悉達多は王城を忍び出た後六年の間苦行した。

      芥川竜之介「侏儒の言葉」