• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

ふて寝(ふてね)/泣き寝入り(なきねいり)

  1. [共通する意味]
      ★思いのままにならなくて、ふてくされたり、泣いたりしているうちに寝てしまうこと。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [使い方]
    • 〔ふて寝〕スル
      ▽しかられてふて寝する
      ふて寝をきめこむ
    • 〔泣き寝入り〕スル
      ▽さっきまで泣きじゃくっていたのに、いつの間にか泣き寝入りしてしまっている
  1. [使い分け]
    • 【1】「ふて寝」は、自分の思いのままにならず、ふてくされて寝てしまうこと。「泣き寝入り」は、子供などが泣いているうちにそのまま寝入ってしまうこと。[英]to stay in bed sulkily【ふて寝する】; to cry oneself to sleep【泣き寝入りする】
    • 【2】「泣き寝入り」は、「暴力団のいやがらせにも泣き寝入りせず立ち上がる」のように、不当な仕打ちを受けても、何も抵抗せずあきらめるという意味で使われることが多い。
  1. [分類コード]