延延/長長/続続/脈脈 の解説 - 小学館 類語例解辞典

延延/長長/続続/脈脈 の共通する意味

時間、距離、関係などが長く続くさま。

英語表現 very long

国語辞書で調べる 延延 長長 続続 脈脈

延延/長長/続続/脈脈 の使い方

延延 【形動(たる・と)
▽人々が延々と列を作っている ▽延々十時間を超す大手術
長長 【副】
▽おわびの手紙を長々と書く ▽長々と注釈をつける
続続 【形動(たる・と)
▽応募者が続々とやってくる
脈脈 【形動(たる・と)
▽彼の家に脈々と流れる音楽的才能 ▽古くから脈々と伝わる風習

延延/長長/続続/脈脈 の使い分け

「延延」「長長」は、時間的に長く続く場合では共通するが、空間的な場合は、「延延」は、距離などの長いさまに、「長長」は、横たわる体や木などで長く感じるさまをいう。
「続続」は、動作、行為がとぎれずに続くさま。
「脈脈」は、長い年月にわたって続くさま。

カテゴリ

#事柄・性質#時・時間

延延/長長/続続/脈脈 の類語 - 日本語ワードネット

延延 の類語

非常に長いか、一見終りのない時間のために の意

不断の決意で の意

長長 の類語

長いか冗長な方法で の意

延長時間のために、または現実的でない時間において の意

続続 の類語

絶え間のないさま の意

果てしなく永遠に続くこと の意

  • 止め処無く
  • 留処無く
  • 留め処なく
  • 止めどなく
  • 止め処なく
  • 留め処無く
  • 留処なく
  • とめどなく
  • 止処なく
  • 止処無く
  • 際限なく

不断の決意で の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2022 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi