• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

腕利き(うできき)/腕達者(うでだっしゃ)/腕っこき(うでっこき)

関連語
手練(てだれ)
手利き(てきき)
  1. [共通する意味]
      ★物事をうまくやりこなす力にたけていること。また、その人。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔腕利き〕
      腕利きの大工
      ▽あの刑事は腕利き
    • 〔腕達者〕(名・形動)
      腕達者な左官
    • 〔腕っこき〕
      腕っこきの職人
  1. [使い分け]
      いずれも職人などの技量がすぐれていることをいう。「腕っこき」は、やや俗語的。
  1. [関連語]
    • (手練・手利き) 腕前がすぐれていること。やや古めかしい語。「てだれの剣士」「名うての手利き」
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

腕利きの類語

  • 役に立つ機能を持つさま の意
  • 才能または複数の才能を授けられる の意
  • 繊細さとスキルによってされる の意
  • 知識、技能、および才能を持っているか、または示すさま の意

腕っこきの類語

  • 才能または複数の才能を授けられる の意
  • 繊細さとスキルによってされる の意
  • 知識、技能、および才能を持っているか、または示すさま の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi