【お知らせ】メンテナンスのため、2024年6月25日(火) 10:00~14:00(予定)は「ブックマーク機能」と「難読漢字遊戯」がご利用いただけません。
あらかじめご了承ください。

城/とりで の解説 - 小学館 類語例解辞典

城/とりで の共通する意味

外敵を防ぐために四方を堅固にした建物。

英語表現 a castle

国語辞書で調べる とりで

城/とりで の使い方

▽城を守る ▽城を築く ▽城を明け渡す
とりで
▽堅固なとりでを築く ▽とりでを守る

城/とりで の使い分け

「城」は、敵の来襲を防ぐために、四方を石垣や塀などで堅固に構えた軍事的な建造物をいう。また、「自分の城を守る」などのように、比喩(ひゆ)的に、他人を寄せつけない自分だけの領域の意にも使う。
「とりで」は、本城以外の要所に設けた小規模な城をいう。「砦」「寨」「塁」とも書く。

城/とりで の関連語

城郭
城、また、城の周囲のかこい。「城郭を構える」
出城
本城以外の要所に築かれた、小規模な城。
シャトー
城、または大邸宅。やかた。

カテゴリ

#社会生活#軍事

城/とりで の類語 - 日本語ワードネット

の類語

以前の統治者により占有され、攻撃に対して要塞となっていた大きな建物 の意

チェスの駒で、チェスボードのサイドに平行に駒のないマスをいくつでも動ける の意

とりでで固めた防御構造 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2024 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi