• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[副]こぢんまりとしているさま。また、わずかであるさま。
  • 「それが遠い、遠い向うに―見えていて」〈鴎外・心中〉
「あの子も、おつな真似をすることを、―覚えたね」〈岡本かの子・老妓抄〉