[感]《「やれ」を重ねていう語》
  1. 困難や不安が解決したとき、大きな感動を覚えたときなどに発する語。「―、これで安心」「―、たいへんな人もいたものだ」

  1. 予期しない困難に出あったとき、疲労・落胆したときなどに発する語。「―、困ったことになったぞ」「―、いやになってしまった」

  1. 他人の不幸などに同情して発する語。「―、かわいそうに」

  1. 呼びかけるときに発する語。おいおい。

    1. 「何かあとから―と呼ぶから」〈咄・鯛の味噌津〉

出典:青空文庫