• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

覚醒下手術。脳腫瘍など、脳血管領域の開頭手術において、全身麻酔の状態から覚醒させ、意識のある患者と会話をしたり、手足を動かしてもらったり、あるいは脳表面の電気刺激による応答を確認しながら手術を行うこと。言語機能や運動機能の温存を目的とする。

[医学/医学の言葉]カテゴリの言葉