• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

イタリア半島の西方、サルデーニャ島、サルデーニャ自治州の港町。同島北西部に位置し、14世紀半ばから約400年にわたりアラゴン王国に支配された歴史的経緯から、現在もカタルーニャ語の方言が話されている。城壁に囲まれた旧市街には、その一部にカタルーニャ‐ゴシック様式が残るアルゲーロ大聖堂やサンフランチェスコ教会があるほか、周辺には先史時代に築かれた巨石建造物ヌラーゲが点在する。海岸保養地であり、サンゴの産地としても知られる。