• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

トラフィック(通信回線や設備の利用)に関する国際単位の一。呼量(単位時間あたりの単位回線の占有量)を表す。単位時間あたりの平均使用回数と平均占有時間の積でも表される。名称は、通信トラフィック工学の創始で知られるデンマークの数学者アーラン(Agner K.Erlang)にちなむ。ERLまたはerlとも表記する。