• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

天体に隕石などが衝突した直後、表面物質が飛散してできる逆円錐状の構造。すぐに落下するか天体を公転し始めるか、引力圏を脱して宇宙空間に飛んでいく。

[補説]平成31年(2019)4月、小惑星探査機はやぶさ2が小惑星リュウグウ表面への金属塊の撃ち込みに世界で初めて成功。岩や砂が飛び散ってできたイジェクタカーテンが確認された。