• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

エネルギーが、ある形態から他の形態へ変換する前後で、エネルギーの総量は常に一定不変であるという法則。高所にある物体は落下によって位置エネルギーが減少するが、運動エネルギーを得て、その和は常に一定であり、これを力学的エネルギー保存の法則とよぶ。マイヤージュールヘルムホルツらによって1840年代に確立。

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉