エクアドル共和国の首都。アンデス山脈中の標高2850メートルの高地にあり、赤道直下に位置するが気候は温暖。インカ帝国の古都。16世紀にスペインの植民地となり、キリスト教布教の拠点となる。セントロヒストリコとよばれる旧市街は、キト大聖堂サンフランシスコ教会をはじめ数多くの教会建築が残っており、1978年「キト市街」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録。人口、行政区158万(2008)。

出典:青空文庫