クジラの皮を煎り、脂肪を抜いて乾燥させたもの。関西で、関東だき(煮込みおでん)の具などにする。

《「ろ」は接尾語。上代東国方言》「こら(子等)」に同じ。

「小菅ろの末 (うら) 吹く風のあどすすかかなしけ―を思ひすごさむ」〈・三五六四〉

  1. 重い物を動かすとき、下に敷いて移動しやすいようにする丸い棒。くれ。ごろた。

  1. 短く切った薪材。割り木。

  1. さいころ。

  1. ころ銭 (ぜに) 」の略。

  1. 尺八で、他の指孔を開き、1孔と2孔を交互に指で打つ奏法。

  1. 多く複合語の形で用い、丸いもの、小さいもの、の意を表す。「石ころ」「犬ころ」

  1. あるきまった時期の前後を含めて大まかにさす語。時代。時分。ころおい。「子供の―」「その―、会社に戻っていた」「―は元禄一四年」

  1. しおどき。ころあい。ちょうどよい時。「―を見計らって話を切り出した」

  1. おおよその年齢。「年の―は四〇歳ほど」

  1. ある期間。

    1. 「敷島や大和にはあらぬ唐衣―も経ずしてあふよしもがな」〈古今・恋四〉

  1. 時節。季節。→ごろ(頃)

    1. 「―は正月……十一、二月、すべて折につけつつ、一とせながらをかし」〈・二〉

[用法]ころ・おり・際 (さい) 節 (せつ) ――「ころ」は幅のある、ある時を漠然と指す。「もう湯が沸くころだ」「若いころの思い出」は、「おり」「際」「節」では置き換えられない。◇「おり」は「ころ」よりも限定された、ある一つの時、機会を示す。「その後、彼に会うおりがなかなかない」など。また、「当地にお出かけのおりにはぜひお立ち寄りください」は、「出かける」が相手の主体的行動であるところから、「際」で置き換えられる。◇「際」は何かを行う時、何かを処理する時を、「おり」をさらに限定して示す。したがって明確な行動を示す場合が多い。「出かける際には鍵をかける」「この際、すべてをかたづけてしまおう」などに「おり」「ころ」は用いない。◇「節」は元来節季を表すので、時を細かく限定するよりも大まかに漠然とした期間を示す。比較的古風で、改まった言い方なので使われる場面も限られ、決まり文句が多い。「この節は物価が高くて困ります」「その節にはいろいろお世話になりました」「おめもじの節はよろしく」など。

ユウガオ、またはヒョウタンの別名。

ベネズエラ北西部の町。正式名称サンタアナ‐デ‐コロ。首都カラカスの西約320キロメートルに位置し、カリブ海に面する。16世紀前半にスペイン人が入植し、同国初期の植民都市となった。続いて16世紀にスペイン国王から開拓権を借り受けたドイツ商人のウェルザー家が支配した。砂糖貿易の拠点として栄えたが、度重なる海賊の襲撃などを受けて衰退。スペインとオランダの影響を受けた古い町並みが残り、1993年に「コロとその港」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録。また、豪雨による被害を受けたため、2005年に危機遺産に指定された。

出典:gooニュース

出典:青空文庫