西インド諸島東部、小アンティル諸島南部にあるセントビンセント及びグレナディーン諸島の首都。セントビンセント島の南部に位置し、同島最大の港を擁す。ジョージア王朝時代の建築様式に由来するアングリカン大聖堂や、セントメアリーズカトリック教会があり、観光・保養地としても知られる。